2005年08月18日

SoundHorizon-魔法使いサラバント-

砂漠を旅する若者がいた。
側にいるのは2頭のラクダのみ…

若者は昔、恋人を亡くした。
彼は恋人を復活させる為の呪文を探していた。

そんな時、彼はとある街で魔法のランプの情報を得る。
ランプをこすると魔神が現れて、願いを三つかなえてくれる、という…

さっそく、そのランプを手に入れる為に街の下にある洞窟へと向かった。
とうとう彼は、洞窟の中でランプを発見した。
ランプを手に取った瞬間、洞窟は崩れ去った…

 

彼は、懐かしく、愛しい女性の声を聞いた。
「貴方はまだこっちへ来てはダメ。」
「失われたものの為に祈るより、今目の前にあるものを見つめて」

彼が目が覚めると、砂漠の丘の上で抱かれていた。
抱いていたのは長い黒髪の美しい少女だった。
話を聞くと、昔の罪だかなんだかで、ランプに閉じ込められているらしい。
彼女は言った。
「愚かな私を出してくれた貴方の為に、どんな願いも3つかなえましょう」

三つの願いを全てかなえると、少女は再びランプに閉じ込められる。
そして、街の下の洞窟で数千年を過ごすのだろう…

彼がかなえてもらった願いとは…

砂漠を旅する若者がいた。
側にいるのは2頭のラクダと黒髪の少女が一人…

-------------------------------------------------------------------------------------------------

とまぁ、こんな詩なのです。
最初は俺もいい詩だと思って聞いてたのですが、よくよく考えると。

昔の恋人より、ランプに閉じ込められていた少女が可愛かったからそっちにした。

ってことだよね?
砂漠を旅して生き返らす魔法を探してたのに、一目惚れで昔の女を捨てたのですよ。
いくら「今目の前にあるものを見つめて」って
妄想の中で言われたからって捨てるのか?

もっとひねくれて考えると。

砂漠って事はアフリカとか中東なわけだ。
で、魔法って事を考えると昔の出来事なわけです。
当然髪の毛は黒ではない。
外人の女性<<<<<日本人(アジア系) の女性
の方が可愛いって詩、と考える事も出来る。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

なんか変な風に聞いてる自分が嫌だ…

posted by 幸之助 at 21:40 | 群馬 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
いや、私もそう思ってたよ?w
目の前にー・・・はわかるけど、手近すぎるだろとかw
Posted by mil at 2005年08月19日 21:58
( ̄□ ̄;)お前もか、ブルータス。

使い用途の間違ってる名言は置いといて。(今、使うとしたら小泉さんが反対票を投じた議員に使ったりするのかな)

ここで想像を膨らますと。

きっと、黒髪の少女と若者はスリリングな事をしたのです。
丘で抱かれてたんだけど、その直後に蟻地獄に襲われる二人。
その状況を打破した二人の間には熱い感情が芽ばえていた!

考えるだけ虚しくなってきた。
Posted by 幸之助 at 2005年08月19日 22:19
昔(おそらく10年以上前)死んだ恋人。
という事は、健全な恋愛をしてたとして、男の年齢は若くても25〜30代って事だ。

昔の恋人(当時おねいさん)<<<少女(主人公よりはずっと幼い)

つまり男はロリk
Posted by ぱぴ☆よん at 2005年08月20日 00:33
アジカンのサルもいたな
Posted by 酢鶏@人工無能 at 2005年08月31日 05:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。